Skip to content

マンションの管理は誰がするのですか?

マンションの管理が重要なことは誰もが認める所ですが、最近は管理人不在のマンションが多いことをご存知ですか。

マンションにはいて当たり前という時代ではありません。いかに多くのことを管理人がしていてくれたのか驚くこともあります。マンションの雑務を一切引き受けてくれる人がいるから安心して日常の暮らしが出きるのです。清掃からちょっとしたトラブルまで解決してくれる人がいて初めてマンションはうまく運営していけるのです。管理会社に任せておけばいいという考えの人も多いのが実情です。

共有部分のエントランスなどが汚れているとがっかりします。中古物件の評価は、共有部分の整理整頓がされているかを見るのも一つの方法だと言います。大きな団地になるほどゴミの問題などトラブルは山積みだと思ったほうがいいです。うまくいっている所には、住民が力を合わせて環境に気を使って積極的に関与しているものです。自分が住んでいるところが汚れているのは耐えられないのが普通です。

組合のせいだと言わず、いかに住民間が連帯して取り組んでいるかが大切です。まず声掛けや挨拶から始めればいいのではないでしょうか。住まいのことは住人が責任を持つのは当たり前のことで、管理会社は施設の安全を保つ役割を果たしています。住民が組合をつくって積極的に関与しているところは積立金などもしっかり守られています。よくあるのが任せきりになりことです。そのためのリスクを負うのは住民であることをもう一度確認しておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *